Category Archives: 未分類

必要な保障額を考える


人生の中には、生命保険見直しをるす良いタイミングとなるライフステージがあります。では、それぞれのライフステージでどのくらいの保障額が必要となるのでしょうか。

最も保障額が少なくて済むのが独身の時で、この独身の時とは学校を卒業し社会人として働き始めた頃のことです。この時には、まだ家族を扶養しているわけでもないことから、もし自分が亡くなった時のために、葬式代などが用意できる程度の保険でも十分でしょう。また、結婚した時でも共働きであれば収入も安定していることからそれほどの保障額も必要ないと考えられます。

ベビーしっかりとした保障が必要になるのが出産をした時住宅を購入した時です。出産をすれば子供が独り立ちするまでの生活費であったり教育費が必要になります。その上、住宅を購入するために住宅ローンを組んでいれば、その住宅ローンの支払いもしっかりとしていく必要があります。この時期は、安定した収入が必要となり、もしもの時を考えれば、多少保険料が高くても十分な保障が受けられる保険に加入する必要があります

子供が独立し、住宅ローンの支払いが終われば、様々な負担から解放され、それまでの高い保険料を支払うほどの保険は必要ないでしょう。この時には年金生活のことを考えて、年金暮らしでも負担がないような保険料の保険への見直しが必要になります。

この時の保険では病気になった時や自分が亡くなった時の葬式代などが保障される保険で十分に対応することができるでしょう。このようにそれぞれのライフステージでどのくらいの保障が必要になるのかよく考えることで、自然と保険の見直しをすることができます。

ライフステージとは


ライフステージとは、一体どんなものなのかと思っている人もいるでしょう。ライフステージとは、人の一生の中でいくつかのタイミングによって期間を別けた、それぞれの段階のことを言います。段階としては、独身の時、結婚をした時、家を建てた時、子供が生まれた時、子供の成長期、子供が独立した時、定年退職をした時などがあります。

人の人生の中ではこのそれぞれの段階によって、生活環境にも大きな変化を与えることになります。そのためこのライフステージによって保険も見直す必要があります。それぞれの段階で保険の見直しをしておかないと、もしもの時のために入った保険が、見直しを怠ったために保障が足りないといったことが起こってしまいます。

サラリーマン人生の中では様々なトラブルも発生することでしょう。そのトラブルを解消するためには多くのお金が必要となることもあります。莫大な資産がある人なら別ですが、通常のサラリーマンでは大きなトラブルでは対応することは難しいでしょう。そのために備えるのが保険です。

それぞれのライフステージでどのようなトラブルが起きるのかをまず考えます。そして、どのくらいの保障を受けることができればトラブルを回避できるのかを考えることで、必要な保障額も分かってくることでしょう。家族が安心した生活を送るためにも、それぞれのライフステージでどのくらいの保障が必要なのかよく考え、それに必要な保障が受けられる保険に加入することが求められます。

生命保険の見直し


家もしもの時に備えて多くの人が生命保険に加入をしているのですが、ただ保険に入っていれば安心というわけではありません。保険の種類によって保障額には違いがあり、ライフステージに合った保障額が受けられる保険を契約する必要があります。

独身の時は自分のことだけを考えれば良いのですが、結婚をして子供が出来れば子供の将来のことも考えて備える必要があるでしょう。また家を建てた時には、住宅ローンを支払いながら家族の生活を支える必要があります。

その生活の支えとなる大黒柱が病気をして働けなくなった時でも、家族が安心して生活ができるような備えは必要となります。家族の生活を支える大黒柱は、しっかりと働くことだけでなく、自分がもしものことがあった時のためにどのような備えをするのかを考えることも必要です。

子供が独立し、自分も定年退職の年齢ともなれば、家族を支える大黒柱としての役割もほぼ終わっていることから、セカンドライフをどのように楽しむかを考えることでしょう。このような定年退職後では、最低限の保障が受けられる保険に入っていれば十分だと考えられます。

このようにライフステージによって必要な保障も異なってきます保険は保障額によって毎月の支払いも変わってくることから、ライフステージに合った保険に加入しているかを見直す必要があります。

ここでは、それぞれのライフステージでどのくらいの保障が必要となるのかについて紹介します。 今の生命保険で良いのか、どのような保険に加入したらいいのかと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。