生命保険の見直し


家もしもの時に備えて多くの人が生命保険に加入をしているのですが、ただ保険に入っていれば安心というわけではありません。保険の種類によって保障額には違いがあり、ライフステージに合った保障額が受けられる保険を契約する必要があります。

独身の時は自分のことだけを考えれば良いのですが、結婚をして子供が出来れば子供の将来のことも考えて備える必要があるでしょう。また家を建てた時には、住宅ローンを支払いながら家族の生活を支える必要があります。

その生活の支えとなる大黒柱が病気をして働けなくなった時でも、家族が安心して生活ができるような備えは必要となります。家族の生活を支える大黒柱は、しっかりと働くことだけでなく、自分がもしものことがあった時のためにどのような備えをするのかを考えることも必要です。

子供が独立し、自分も定年退職の年齢ともなれば、家族を支える大黒柱としての役割もほぼ終わっていることから、セカンドライフをどのように楽しむかを考えることでしょう。このような定年退職後では、最低限の保障が受けられる保険に入っていれば十分だと考えられます。

このようにライフステージによって必要な保障も異なってきます保険は保障額によって毎月の支払いも変わってくることから、ライフステージに合った保険に加入しているかを見直す必要があります。

ここでは、それぞれのライフステージでどのくらいの保障が必要となるのかについて紹介します。 今の生命保険で良いのか、どのような保険に加入したらいいのかと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。