必要な保障額を考える


人生の中には、生命保険見直しをるす良いタイミングとなるライフステージがあります。では、それぞれのライフステージでどのくらいの保障額が必要となるのでしょうか。

最も保障額が少なくて済むのが独身の時で、この独身の時とは学校を卒業し社会人として働き始めた頃のことです。この時には、まだ家族を扶養しているわけでもないことから、もし自分が亡くなった時のために、葬式代などが用意できる程度の保険でも十分でしょう。また、結婚した時でも共働きであれば収入も安定していることからそれほどの保障額も必要ないと考えられます。

ベビーしっかりとした保障が必要になるのが出産をした時住宅を購入した時です。出産をすれば子供が独り立ちするまでの生活費であったり教育費が必要になります。その上、住宅を購入するために住宅ローンを組んでいれば、その住宅ローンの支払いもしっかりとしていく必要があります。この時期は、安定した収入が必要となり、もしもの時を考えれば、多少保険料が高くても十分な保障が受けられる保険に加入する必要があります

子供が独立し、住宅ローンの支払いが終われば、様々な負担から解放され、それまでの高い保険料を支払うほどの保険は必要ないでしょう。この時には年金生活のことを考えて、年金暮らしでも負担がないような保険料の保険への見直しが必要になります。

この時の保険では病気になった時や自分が亡くなった時の葬式代などが保障される保険で十分に対応することができるでしょう。このようにそれぞれのライフステージでどのくらいの保障が必要になるのかよく考えることで、自然と保険の見直しをすることができます。